膜性腎症からのネフローゼ闘病記ブログ

膜性腎症ネフローゼ症候群の闘病記ブログです。 毎日の記録や調べたことのメモ、日常のことなど。

漢の腎臓メシ

定期外来&漢の腎臓メシ

退院後466日目 

尿蛋白半定量 111mg/dl (2+)
尿蛋白量(推定)0.92g/day
血清アルブミン値 3.9.g/dl 

ついこの間まで半袖だったはずが、ヒートテック&マフラー必須になってしまった。
流石にこの気温の変化に身体がついていけずに先週から風邪をひいてしまった。
鼻水と喉の痛み&軽い微熱があった。
ついでに娘もウィルス性胃腸炎になってしまい、父娘してダウン
前回もらったムコダインとメジコンがきれて、総合感冒薬のPLしか家にない。
これを服用すると睡眠薬なみに眠くなるのだが、仕方なく週末はPLを服用して冬眠状態。
お陰で娘共々、だいぶ回復した。

そんな中で今日は定期外来。
悪化してないかビクビクで病院へ行ってきた。
さて、今日の外来の結果。
  • 尿蛋白半定量 111mg/dl (2+) ⇒ 111mg/dl (2+) 
  • 尿蛋白量(推定)1.22g/day ⇒ 0.92g/day
  • 血清アルブミン値 3.9g/dl ⇒ 3.9g/dl
  • 免疫グロブリンG 819mg/dl ⇒ 794mg/dl
なんと尿蛋白改善してる。
週末の安静が功を奏したのかな?
たぶん、誤差の範囲だろうけど・・・

先月から発生した離脱症の関節痛もだいぶ改善した。
が、起床時やしばらく同じ体勢から動き出したら腰と右股関節は未だに痛い状態。
今回もしばらく様子見ということで、プレドニゾロンは4mgのままにした。
来月まで関節痛が続くようなら他の検査をしてみようかな・・・
あとは風邪っ引きなのでムコダインとメジコンももらうことにした。

今回もヨコバイということで漢の腎臓メシでも。
ネフローゼになる前はよく呑んだあとはラーメンで〆ていた。
が、今の私にとってラーメンは天敵。 
なんとか減塩で汁まで飲み干しても大丈夫なラーメンを作れないかと試行錯誤して作ってみたのがコレ。
Cpicon 【減塩メシ】パスタde酸辣湯麺 by T26Lvlg


これだと、スープまでゴクゴク飲んでも約1.7g。
〆としての1品だと塩分高めだが、昼食で食べる分には満足するレベル。
はじめは醤油ラーメンや鶏白湯ラーメンも作ってみたが、カミさんいわく「薄っ!」。
やはり薄味だとラーメンとは言わないようだ。
そこで減塩の王道、「塩味がなければ辛味と酸味!」 というわけで酸辣湯麺にしてみた。
おかげでそれなりに満足できる味になった。
ラーメンが食べたくなったらコレを作っている。
カミさんはカミさんでそんな私の努力をよそに、謎肉祭を美味しそうに食べているんだが・・・

さて、衣替えも終わったし、師走に向かってインフル&風邪に気をつけよう。
ヒートテックって消費期限ってあるのだろうか? 
去年より暖かくない気がする・・・ 

定期外来&漢の腎臓メシ

退院後431日目 

尿蛋白半定量 111mg/dl (2+)
尿蛋白量(推定)1.22g/day
血清アルブミン値 3.9g/dl 

今日は10月というのに夏い
そして明日はまた涼しくなるらしい。
こう温度差があると風邪には気をつけないと。

さて、今日の外来の結果。
  • 尿蛋白半定量 125mg/dl (2+) ⇒ 111mg/dl (2+) 
  • 尿蛋白量(推定)1.12g/day ⇒ 1.22g/day
  • 血清アルブミン値 4.0g/dl ⇒ 3.9g/dl
  • 免疫グロブリンG 768mg ⇒ 819mg/dl
結果は横ばい。
先生もかなり安定してきたねと太鼓判。
個人的には尿蛋白量1g/day以下で安定したいところだが高望みかな。 
発病後初めて免疫グロブリンGが800mg/dl台になった。
入院時が396mg/dlだったので倍以上の数値に回復した。
やっぱりプレドニゾロンが順調に減薬できているのが大きかな。
とはいえ、正常値の下限値が870mg/dlなので、人並みなるようにもう少しがんばろう。

今日からプレドニゾロンが3mg→2mgへ減薬。
この前は5.0mg→2.5mgに減薬して2週間で離脱性が出てギブアップ
ついに2.5mgの壁を破るのだが、今回は1mgづつの減薬なので大丈夫だと信じたい。
先生はこのまま順調にいけば今年中にステロイドは飲まなくて良くなるかもねと。
ただ、免疫抑制剤のプレディニンは超慎重に減薬することなるよとのこと。 
私はステロイドはあまり効果なく、免疫抑制剤が効果あるタイプなので、下手に減薬して再発していまうとステロイドや他の薬も入院時に元通りになるらしい。
もうステロイドは服用したくないのでプレディニンを一生飲み続けていいかなという心境。 
ま、そのへんは先生我が腎臓に全てを委ねるしかないのだが・・・

さて、このところの定期外来もヨコバイが続いているので、これといってこれ以上書くこともない。
なので、久々に漢の腎臓メシでも。

今年は台風連発のおかげで、玉ねぎや人参が高い
やっと値段も下ってきたので今週は久々にシチューでも作ろうかと。
しかし市販のルーは塩分が高い。
色々見て回って、塩分が比較的控えめで美味しいルーはハウスの北海道シチューだった。
だた、これでもルーだけで一皿の塩分が1.7g。
肉とか野菜とか色々入れたら0.2g程度あがるので2.0g近くになる。
そうなるとシチューだけで1食分。
色々悩んだが結果の答えが出た。
そうだ自分でルーを作れば良いんだ!と。
で、試行錯誤して作ったルーがこれ。

これだとルーだけで一皿0.72g程度。
具にウインナーとか塩気があるものを使わなければ、一皿1g以下。
ただし、ニンニクと胡椒をたっぷり使っているので大人の味に仕上がってる感じだ。
とはいえ、うちの2歳の娘は大好物でガッついているが・・・
私はメニューに困ったときには、このシチューを大量につくって冷蔵庫へ。
マカロニにぶっかけてオーブンでグラタンチックにしたり、ご飯にかけてドリアチックにしたりと、シチューに飽きたら色々なメニューに化けている。
漢の腎臓メシライフには、いかに美味しくて安い減塩の調味料を見つけるかにかかってる気がする。
まだまだストックはあるので、月に1回ぐらいはアップしていこうと思う。 

さて、今日はサンマを焼くかな。 

節分&立春&漢の腎臓メシ番外編 恵方巻き

退院後188日目

急に寒くなってからというもの、風邪気味だ・・・
先々週から風邪気味で、先週は熱が出てしまった。 
インフルエンザではなかったので一安心。
とりあえず、尿の泡立ちもひどくないので、大丈夫なはずと思いたい。
本当に弱くなったものだ。

さて、今日は立春。
今日から私は大厄です。
去年の前厄でネフローゼを発症しているので、大厄はどんなものが待ち受けてるのか・・・
周囲の先輩方は「大厄の年は大変だよ」的な具体性のない、ありがたいアドバイスを色々と頂いている。
とりあえずは、今年心穏やかに過ごすこととしよう。
厄が一周半振りきれるぐらい回って宝くじでも当たればいいのに・・・

大厄ということで、昨日の節分は豆まきをした。
厄の人が豆をまくらしいので、カミさんに鬼嫁役をお願いしたら、拒否された。
しかたなく私が鬼役・・・ 
IMG_7039
カミさんと娘から豆を投げつけられて、豆まき終了。
福がくると信じたい。

節分といえば恵方巻き。
私もカミさんも子供の頃からそんな風習は全く無かったが、既に世の中は恵方巻きブーム。
どうも節分が一年で一番お寿司が売れる日になったそうだ。
我が家でも長いものには巻かれろ的な精神で恵方巻きを作ってみた。

寿司は腎臓メシ的にはヨロシクナイ。
なにせ酢飯には塩分がたっぷり。
店のお寿司だと1合あたり6gぐらいの塩分が入っているらしい。
おいしいけど、そりゃ喉乾くはずだ。
市販のミツカンすし酢とかを使っも1合あたり2gぐらいの塩分になる。 
できれば1合あたり1g程度にしたいもの。
塩分を抑えて美味しいものを作る時の王道はコレ。
  • 旨味を効かせる
  • 酸味を効かせる
  • 甘味を効かせる
  • コクを効かせる
ということで、まずは旨味を効かせるために、だし昆布と一緒に炊飯器で御飯を炊いている。
しかし丁度、だし昆布が切れていたので、かわりに「リケン 素材力だし こんぶだし」を1合につき1スティック(5g)使ってみた。
IMG_7037

次に酸味と甘味を効かせるために塩少なめのすし酢(2合あたり 酢大さじ3・砂糖大さじ2・減塩塩1つまみ)を作って、出汁で炊いたご飯と混ぜる。
ちなみに減塩塩はコレをつかっている。
普通の感覚でつかっても30%減塩の優れもの。
安くていい感じだが、旨さは粟国の塩には敵わない。
でも粟国の塩は高いんだよなぁ・・・
コレで減塩酢飯の出来上がり。
味見してみたが、だし昆布を使わなかったのを後悔した。
素材力では香りが全然たたないので、美味しさ半減な感じだった。
他の料理だと結構重宝するのにな・・・
次からは横着せずにちゃんとだし昆布使おう。

で、恵方巻きの具はこれ。
最後のコクを効かせるために脂質を多めの具を作ってみた。
IMG_7042
  • きゅうり
  • だし巻き卵
  • イナダの刺身
  • 鶏モモの照り焼き
  • しいたけの甘煮
  • カニ風味かまぼこ
  • レタス
写真の全ての量で塩分3g弱。
で3本の恵方巻きを作ってみた。
IMG_7044
  • 野菜巻き(しいたけ・カニカマ・きゅうり・レタス・だし巻き卵)
  • 肉巻き(照り焼き・レタス・だし巻き卵)
  • 魚巻き(いなだ・きゅうり・レタス・だし巻き卵)
結局、恵方巻き3本で塩分5.0gぐらい。
なかなかいい感じで作れた。
ちょっと薄いかなと思ったが、醤油も付けなくても美味しかった。
娘は願い事がそんなにいっぱいあるのかってぐらいガッツイてた。
細かいレシピは機会があればアップしようかな。 

さて、節分も終わったし、そろそろ医療費控除を申請するために確定申告の書類を作成せねば・・・

 

漢の腎臓メシ 番外編 どぶ汁

退院後 171日目

久々の更新。

先々週は年明け一発目の熱が出た。
夕方くらいから急に節々が痛くなって、寒気がした。
おかしいぞ?と思ってすぐに横になったんだが、ガクブル状態。
で、熱を計ったら38.5°。
これはいかんと、薬を飲んでお粥食べてすぐに寝た。
すぐに寝たのが良かったのか、熱は次の日の夕方には下がった。
ということで、先週までは風邪がぶり返さないように用心しながら、過ごしていた。
とりあえず、今のところ浮腫みや尿の泡立ちも変化はないので大丈夫そうかな。

今日の東京は雪。
電車は遅延&運休ですし詰め状態、道はビショビショ。
会社にいくのも一苦労。
しかも寒い。
この寒さは風邪ひきそうな予感なので、極暖ヒートテックの上にヒートテックを着るという防寒対策で出社。
が、ボウズにとって雪は天敵だと気づく。
毛糸帽にパーカーをかぶるという荒業で頭皮を守ったが、パーカー&メガネ&マスクという出で立ちは社会人とは思えない。
もう、東京は雪降ったら非常事態宣言してもいいと思う。

先週から本格的な寒さがきたこともあり、我が家では鍋料理が増えた。
野菜が多く取れて、スープを飲む量さえ気をつければ、とてもよい減塩&低たんぱく食になる。

今回はどぶ汁をつくってみた。
どぶ汁はあんこう鍋で、茨城県や福島県南部の漁師料理。
いわゆる、あんこう鍋の原型。
あん肝と味噌と野菜の水分だけで出汁をとる鍋で、これがまたものすごく日本酒にあう! 
私のカミさんの出身が北茨城。
そこで食べたどぶ汁がとても美味しかったので自分で作ってみた。
今回は調味料に普通の味噌を使ったのと、厳密に塩分やたんぱくを計測していない。
漢の腎臓メシ規約に反しているため、今回は番外編としておこう。

今回のメインのあんこうはカミさんの実家の近くのスーパーで買ってきた。
北茨城はあんこう水揚げが日本で2位で、旬の時期は普通にスーパーに売ってたりする。
安いあんこうは中国産だったりするけど・・・
ちなみに写真のあんこうぶつ切り&あんきもで¥800ちょいとかなり安い。
IMG_6915

まちではあんこうプッシュが凄まじく、まちのゆるキャラは「こうちゃん」というあんこうをモチーフにしたキャラ。
しかも相棒は「あんちゃん」というおっさん。
くまもん大好きのうちの娘がみたらギャン泣きするレベルだ。

ちなみに野菜はカミさんの実家の畑から頂いた白菜、長ネギ、しいたけ、春菊。
いつも帰省した時に頂けるのでとても助かっている。
IMG_6914
 
さて作り方。
まずはあん肝を乾煎りして溶かす。
水分がないので弱火でゆっくり溶かさないとすぐ焦げる。
 IMG_6917

あん肝が溶けたら、味噌(大さじ4 塩分相当量 約4.4g)と日本酒(大さじ4)を投入。
さらに練りながら混ぜる。
IMG_6925


ちなみにあんこうは臭い。
そのまま投入すると、臭みが鍋にうつるので予め湯通ししておく。
IMG_6923

満を持して、あんこう&野菜を投入!
これまた焦げないように、たまに混ぜながら水分をあんこう&野菜から出していく。
IMG_6927

弱火〜中火でじっくり煮込むと水分がでて鍋完成。
IMG_6930

あとは盛り付けて食すだけ。
我ながら旨い!
一味や七味を軽くかけて食べるとさらに美味しかったりする。
IMG_6931

あんこうと鍋の前で焦がさずに見守る忍耐さえアレば、誰でもできる鍋なのでオススメ。 
ちなみに塩分は味噌とあんこう由来のものがほとんどなので、全部で6gぐらいか。
私+カミさん+娘の2.3人前で2日に分けて食べて、最後はとどめのおじやにした。
コレがツマミになるぐらい旨かったりする。
そう考えると1食分の塩分もタンパクもそれほどなくて、良いかもしれない。 

また、カミさんの実家にいくことがあったらあんこう買ってこよう。 

ポテチ

退院後147日目

私はそもそも間食をしない人だった。
そのため、お菓子を買って食べるという週間がなかった。

しかしネフローゼになってから、食事制限もあり、全体的に食べる量が減ってしまった。
なので、たまに小腹がすく時がある。
元気な時ならカップラーメンとか蕎麦とか食べてたんだろうけど、塩分高いから食べれない。
ということで小腹が空いた時は低たんぱく、低塩分でちょっと腹持ちが良い物をさがしていた。

ネフローゼの人が栄養士さんから食事指導をうけたら必ず言われるだろう事がある。
タンパク質の制限で足りないカロリーは脂質と炭水化物で取ってくださいと。
そう美味しものは脂肪と糖でできている。 
甘いもの好きならケーキとかありなのだろうけど、私は甘いモノはウイスキーと一緒にしか食べない。
で、見つけてきたのがこれ。
IMG_6640
ハナマサで売っているノンソルトポテトチップス。
普通のポテチの倍ぐらいの大きさ。
で、全部食べてもたんぱく質4.7g、塩分相当量0.03g!
IMG_6641

ただ、カロリーは575kcalもあるけど・・・
味は当たり前だが塩味がないポテチ。
普通は料理に砕いて使ったりするんだろうけど・・・
でも慣れるとポテトの旨味がしっかりあって美味しい。
カミさんも娘も気に入って結構食べたりする。
このポテチを知ってからは、小腹がすいた時のお供になっていた。

で、このまえポテチを買いにいったらコイケヤから色物ポテチが出ていた。
IMG_6644 IMG_6642
コイケヤやカルビーのポテチは塩味がなのでノーマークだったが、まさかショートケーキにみかん味とは・・・
早速買って食べてみた。
ショートケーキの栄養成分はこんな感じ。
IMG_6645
 一袋でタンパク質2.2g、塩分相当量は0.2g〜0.4g。
ノンソルトよりは塩分が高いがまあ問題ないレベル。
見た目も普通のポテチ。
IMG_6669
で、問題の味は・・・
これはイケル。 
しっかりとショートケーキショートケーキしてる味なのに後味はポテチの味。
なんか不思議だ。

次はみかん。
栄養成分はこんな感じ。
IMG_6643
一袋でタンパク質2.9g、塩分相当量は0.25g〜0.5g。
ショートケーキよりちょっと塩分多い感じだが、気にならないレベル。
見た目は若干オレンジ色かな。
IMG_6671
問題の味は・・・
駄菓子屋で売ってたチューチューのオレンジ味。
さっぱりしてるって言えばさっぱりしているのだが、私は薬品ぽく感じだかな。
カミさんはショートケーキよりみかんが美味しいと食べてたが。
ま、どれも低たんぱく、低塩分なので、カロリーさえオーバーしなければ間食としていい感じだ。 

これから年末年始で食生活も乱れるので、あまり間食しないようにしないと。
これ今年のポテチは食い納かな。 
プロフィール
記事検索
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク