退院後375日目 

尿蛋白半定量 49mg/dl (1+) 
尿蛋白量(推定)0.19g/day 
血清アルブミン値 3.6g/dl 

タイトルに書いたように入院してました。
詳しくはあとで書くとして、今日はプレドニゾロンを5mgに増薬して初めての外来。
その後、離脱症は影を潜めている感じ。
入院さえなければ、とても順調だったんだが・・・

さて、今日の外来の結果。
  • 尿蛋白半定量 58mg/dl (2+) ⇒ 49mg/dl (1+) 
  • 尿蛋白量(推定)0.57g/day ⇒ 0.19g/day
  • 血清アルブミン値 3.8g/dl ⇒ 3.6g/dl
  • 免疫グロブリンG 730mg ⇒ 605mg/dl
尿蛋白量はなんとバッケンレコード更新の0.19g/day!
完全寛解領域(0.3g/day以下)に突入。
誤差もあるとおもうので次回の外来まではしゃぐのはやめておこう。
ちなみに免疫グロブリンGが低下しているのは入院のせいだろうとのこと。

前回はプレドニゾロンの減薬を2.5mgして離脱症が出たので、今回は1mgづつ減薬することになった。
1錠5mgのプレドニゾロンを服用していたが1錠1mg×4錠の4mg。
IMG_8161
左が今回処方された1mgの錠剤で右が今までの5mgの錠剤。
てっきり大きさが1/5になるかと思ったら、大きさはあまり変わらないな。
このままプレドニゾロンの脱症を乗り越えて断薬できるように頑張ろう。

あとは6月に申請した「特定医療費(指定難病)受給者証」が先月末に来た。
今回は「高額長期」の欄に◯が記載されていて、負担上限額が去年より減額されていた。
更新されたら更新されたで、まだまだ闘病なのかと複雑な心境。
来年は更新しないようになればいいな。

さて、入院ついて・・・
結果から言うと大出血して入院した。
先月26日に大腸ポリープを切除した。
その際、10個以上のポリープがみつかり大きくてリスクありそうなものから5つ切除。
それ以上の切除は出血のリスクが高くなるので来年でって言うことで、以下のことを気をつけた。
  • 血が止まりにくいバイアスピリンは休薬。(8/3まで)
  • 1週間ほどは消化によいもの食べる
  • 10日間は遠出、運動禁止
  • 10日間は刺激物、アルコール禁止
バイアスピリンの服用を再開した次の日の夕食時に何故かお腹がゴロゴロ。
トイレに行って便器を見ると「なんじゃこりゃ〜〜!!」状態。
まさに絵の具を垂らしたかのような鮮やかな。 
病院に電話した後に救急外来へ直行。
内視鏡検査が立て込んでいて、結局止血のオペできたのが次の日の夕方。
その後3日間の入院となった。
先生いわく10日目に大出血するのは稀で、バイアスピリンを服用した事が原因だと思うとのこと。
ネフローゼとの兼ね合いもあるから予測しにくいとのこと。
要は運が悪かったと・・・ 

ちなみに今日の外来の血液検査はネフローゼの担当医が驚くぐらいの貧血状態
普段の私のヘモグロビンは14.1g/dlあるのだが、今日は8.9g/dl。
普段より5.2g/dl減っている。
ヘモグロビン低下量から逆算して1500mlぐらい出血したらしい。
鷲巣麻雀の致死量が2000mlだから結構やばい出血だな。
ま、一日近く出血したからそのぐらい量になるのか。
今日は消化器内科で鉄剤を点滴して1週間分の造血剤をもらった。 
切除したポリープの病理検査結果は良性だったのがせめてもの救い。
来年はネフローゼとの兼ね合いだが入院して切除したほうが良いとのこと。

なんだかんだで色々よくない事が起きるのは厄年のせいなのだろうか・・・
さて血を作るためにレバーを食いまくろう。 
漢の腎臓メシレシピはしばしお待ちを・・・