退院91日目

既にお分かりと思うが、私はガチガチの理系である。
家族の絆仲間の信頼恋慕の情以外のものは論理的に証明出来ると信じている。

で、事もあろうか、そんな私が裏付けもなく勝手に書いた成分表で漢の腎臓メシなどと全世界に対して発信している。
「漢の腎臓メシ」のコンセプトをおさらいすると・・・
  • 食べごたえがある
  • あくまで私が旨いと思うものであって、人様の口にあうかどうかは度外視
  • 1品の塩分相当量を1.0gあたりにする。
  • たんぱく質はゆるく考えて、食べる量で調整する
  • カミさんから怒られない程度の食費に抑える
  • 調味料は基本減塩系のものを使用する
  • 覚えてしまえば誰にでも作れる
  • 酒に合う
である。
問題は「1品の塩分相当量を1.0gあたりにする」だ。
唯一数字を上げている項目で、理系としてはコレは言い訳できない。

もし計算が間違ってて、訴えられて敗訴でもしたら治療費が尽きてしまう。
この頃、倦怠感がひどかったり、眠りが浅かったり、風邪をひいたりする原因はこの不安が拭えていないからではないのか?
これは客観的に評価、または証明する手段を考えないと私の健康と安眠はない。

なんとかならんかと調べてみたら、世の中には塩分計というものがある。
TANITAの塩分計を買おうと思ったら、全てが固形物NGで汁もの専用。
病気になって分かったことをTANITAさんに言いたい。
腎臓などやらかして塩分を本気で気にしている人間はよほどの理由がないかぎり汁ものを食さないと。
減塩味噌汁でも塩分相当量が1.0gもある。
一日6.0gで減塩でも味噌汁をどうしても食したい人はともかく、普通なら食さない。
だって世の中塩だらけだもん。
病院食でも汁ものがでなかったのはその為だと思っている。

で、私がいろいろ調べて購入したのがコレ。

 

これは固形物も10倍希釈すれば測れる。
値は少し張るが健康と安眠のためにしかたない。

漢の腎臓メシでアップした「無塩イタリアンドレッシング」 を測定しみた。
結果がコレ。
 イタリアンドレッシング塩分制限

塩分の濃度0.09%。
レシピの全量が250ml。 
つくったドレッシングの重さを量ってみると比重が約1だった。 
というこで全量で塩分0.225g。
計算式はこんな感じ。
250(ml) ×  1(g/ml) × 0.0009 = 0.225(g)  
全く塩を使ってなくてもやはり塩分は少しあるようだ。
玉ねぎやらニンニクや食材には少なからずナトリウムが含まれているし、調味料も少なからずナトリウムが含まれる。
なので、このぐらいの塩分濃度はでるのかな。
他の食品の塩分濃度は味噌汁が1%前後、醤油が約17%、カップヌードルのスープが約1.7%らしい。
で、海水が3.5%、淡水の定義が0.05%以下らしい。 
もう少しでこのドレッシングは淡水だな。

とりあえず、今後も色々計ってみよう。