私と同じ慢性腎炎ということもあり、仲の良かった隣のおっちゃんが退院した。
娘さんが入院時も退院時も付き添いで来てくれていた。
私の娘も大きくなったら付き添いしてくれるのだろうか?
何だかんだで、私は病棟で古株になってしまったなぁ〜
ということで明日の結果を良くするべく今日も安静。

ちと気が早いが退院後の体調管理をおこなう方法などを考えてみる。
今のところ、管理しようとしている項目は以下。

体重・体脂肪率
これからの管理で一番重要な要素。
ネフローゼのバロメータである浮腫みは進行すると体重が急激に増える。
私も入院の前は1ヶ月2キロペースで太ってた。
逆に浮腫みが進むと体脂肪は低く測定される。
急激に体重が増加して体脂肪率が低下した場合は要注意。
この時は病院直行で浮腫みが収まるまで自宅で安静かな。

摂取塩分
先生からは「どちらかと言えば、たんぱく質より塩分の方を注意してくれ」と言われている。
塩分による浮腫みがやはり良くないらしい。
色々な本でも摂取塩分と尿蛋白量の相関があるようなことも書かれていた。
ネフローゼを再発したくはないので、塩分はしっかり管理していこう。
と、言っても場合によっては感覚になるとは思うけど。

摂取たんぱく質
摂取塩分よりは緩くてもいいようだが、これはこれでハメ外すと腎不全になるのを早める。
かと言って、取らなすぎてもアルブミン低下でヤバイことになる。
ざっくりでも管理したい。

摂取カロリー
体重管理をするのはいいのだが、問題は体重が増えたとき。
浮腫みで体重増加なのか、単なるデブになったのかの違いを確認するためには摂取カロリーは管理したい。

血圧・脈拍数
私は血圧・脈拍数ともに、とても安定している優等生。
というか、むしろ低血圧気味・・・
とりあえず腎臓病なわけだし慣例に則って管理しとこう。

消費カロリー
ネフローゼだと運動が制限される。
私は以下のことを注意されている。
  • 汗だらだらの運動はダメですよ
  • シャイな人は自分のペースでできないチームスポーツは無理ですよ
  • マッチョを目指した筋トレは蛋白ダダ漏れですよ
要はウォーキングやってないさいということ。
ある程度、運動しないと筋力も落ちるし基礎代謝も落ちて摂取カロリーも狂ってくる。
歩いた距離と消費カロリーは記録したい。

これらをノートとかで管理するには長い人生つらすぎるというか続かない。
しかもグラフとかで数値を可視化しないとヤバい数値を見落としてしまいそう。
なにかいい方法はないか調べてみると、Health Mate by WithingsとiOS版アプリがある。
ちなみにAndroid版もある。
このアプリは体重や消費カロリー、歩数などiOS8のHealthKitと連携して管理してくれるアプリ。
このアプリで「体重・体脂肪」、「血圧、脈拍数」を入力して管理することにした。
ウォーキングの歩数や距離、消費カロリーはiOS8標準のヘルスケアと連携すればiPhone持ってるだけでかってに測定してくれるので手間いらず。
一番手間かなと思うのは、やはり「摂取塩分」、「摂取たんぱく質」、「摂取カロリー」の管理。
これはMyFitnessPalというアプリで入力する。
Health Mateとも連携しているのでダッシュボードで表示できる。
入力がちょっと煩わしいがノートとかで管理するよりははるかにマシかな。

アプリ連携後のHealth Mateのダッシュボードはこんな感じ。
結構いい感じだ。
HealthMateDashboard

食事の管理のMyFitnessPalはこんな感じ。
MyFitnessPal1MyFitnessPal2

で、iOS8標準のヘルスケアのダッシュボードはこんな感じ。
ヘルスケア1ヘルスケア2

Health Mateやヘススケアのダッシュボードはなんかイマイチなので良いのがないか探してみた。
有料ではあるがFitPortというアプリがあって、これはとてもクールだ。
FitPort1FitPort2

とりあえず、これで退院後の体調管理は戦ってみよう。
他にいいのがあれば随時更新していこうかな。

看護師さんに退院の目処の話をしたら、退院間近になると興奮から無駄に発熱してしまい退院延期になる患者さんが多いのよって。
フラグたてるなよ・・・…(;´Д`)
明日の良い結果のために興奮せずに早く寝よう。