膜性腎症からのネフローゼ闘病記ブログ

膜性腎症ネフローゼ症候群の闘病記ブログです。 毎日の記録や調べたことのメモ、日常のことなど。

定期外来 2018/08

退院後1076日目  


尿蛋白半定量 44.2mg/dl (2+) 
尿蛋白量(推定)0.72g/day 
血清アルブミン値 4.3g/dl
 

先月につづきクソ暑い
しかし3年間の経験上、暑いこの時期は腎臓の調子が良いことは分かっている。
ということで我が家は必要以上に温度は下げず28℃の除湿で冷房は使っていない。
料理作るときは火を使うので暑いけど、それさえ乗り切れば28℃でも案外快適。
とはいえエアコンはほぼフル稼働で電気代が恐ろしいことになりそうだ・・・

さて、今日の結果。

  • 尿蛋白半定量 174.4mg/dl (2+) ⇒ 44.2mg/dl (2+) 
  • 尿蛋白量(推定)0.95g/day ⇒ 0.72g/day
  • 血清アルブミン値 4.3g/dl ⇒ 4.3g/dl
  • 免疫グロブリンG 917mg/dl ⇒ 898 mg/dl

ついに初の3ヶ月連続不完全寛解I型!!
今までは数値が良い次の月には必ず悪化していた。
今日の数値を見たときはこれは何かの間違いだと思う自分がいた。
このところクソ暑さでトドのようにゴロゴロしているのが良かったらしい。

先生は私の減薬をそろそろ考えるべきか悩んでると告白。
私が今飲んでいる薬がこれ。

  • ブレディニン(免疫抑制)
  • エパデール(血液サラサラ・高脂血症対策)
  • バイアスピリン(血液サラサラ・腎臓負担減)
  • ニューロタン(腎臓保護)
  • ゼチーア(コレステロール対策)
  • スピロノラクトン(利尿・むくみ軽減)
今までの話から、やめるならバイアスピリンかゼチーアかなと考えていた。
すると先生が「でも調子が良いときに薬をイジるのは勇気がいるんですよね。」と無駄なカミングアウト
正直でよろし。
色々先生と話した挙げ句、私の場合はこれらの薬が絶妙なバランスで効いてる可能性があるとのこと。
という事でやっぱりもう少し様子見にしようという結果に。
毎度おなじみの様子見だがしかたない。

お盆はカミさんの実家に帰郷する予定なので、この調子で堂々とゴロゴロしよう!

定期外来 2018/07

退院後1076日目  


尿蛋白半定量 174.4mg/dl (2+) 
尿蛋白量(推定)0.91g/day 
血清アルブミン値 4.3g/dl
 

あっという間に東京は梅雨が明けたと思ったらクソ暑い!
関東以外はまだ梅雨が明けてないどころではなくとんでもない事になっていた。
実家の北九州もかなり雨が降ったらしく、家の前の道路が冠水してたらしい。 
私が知っている限りで降水量が1時間で60mmとかなかったはず。
なんかここ数年の気候は本当に異常な気がするなぁ・・・
 

先月に引いていた風邪は1週間ほど治ったあと、また引きなおした。
なんという引きの強さ・・・
おかげでこの1ヶ月の半分以上がずーっと風邪気味だった。
先月の数値も悪かったので極力無理をせず、グダグダ生活をしていた。 


で、今日の結果。

  • 尿蛋白半定量 100mg/dl (2+) ⇒ 174.4mg/dl (2+) 
  • 尿蛋白量(推定)0.99g/day ⇒ 0.95g/day
  • 血清アルブミン値 3.6g/dl ⇒ 4.3g/dl
  • 免疫グロブリンG 779mg/dl ⇒ - mg/dl(測定間に合わず)

先月に続き何故か尿蛋白量が1g/day切るという不思議・・・
しかも今回はアルブミンも回復しているという不思議。
たまたまなのか、ネフローゼが改善しているのかよく分からなくなっていた。
風邪を引いたせいで、ビビって必要以上にグダグダしていたのが良かったのか?

先生は「とりあえず様子みましょうね」と。
様子を見つづけて、はや3年・・・
ようやく2ヶ月連続で不完全寛解I型という快挙。
このまま、順調に改善していってほしいなぁ・・・
 

数値がいいからと調子こかずに、外はクソ暑いことだし、しばらくはグダグダ生活をしよう。

定期外来 2018/06

退院後1040日目  


尿蛋白半定量 100mg/dl (2+) 
尿蛋白量(推定)0.99g/day 
血清アルブミン値 3.6g/dl
 

そろそろ梅雨らしい。
朝寒い日があったと思えば、真夏並みに暑い日もある。
おかげで風邪引いた・・・
倦怠感と喉の痛みが半端ない。
昨日は仕事から帰ってからPL飲んでずっと寝てた。
今日の結果に影響しなきゃいいが・・・

で、今日の結果。

  • 尿蛋白半定量 100mg/dl (2+) ⇒ 100mg/dl (2+) 
  • 尿蛋白量(推定)1.83g/day ⇒ 0.99g/day
  • 血清アルブミン値 4.6g/dl ⇒ 3.6g/dl
  • 免疫グロブリンG 948mg/dl ⇒ 779mg/dl

何故か尿蛋白量が1g/day切るという不思議・・・
本来ならば喜ばしいことだが、アルブミンと免疫が激減しているので全く笑えない・・・
先生も開口一番「風邪引いてます?」と聞く始末。
どうも炎症反応が出ているらしい。
アルブミンが一気に下がったので気にはなるのだが、先生は「今が一番悪い時だからこれから良くなると思う」とのこと。
まだ、今の先生が変わったばかりなので、あまり信頼関係を構築できていない。
ホントかよ?と思いながらも為す術がないので、とりあえずは納得。
とは言えこれ以上アルブミンが下がると浮腫む⇒入院なので、しばらくは無理しないようにしないと。
今日も風邪薬飲んで寝ていよう・・・

プロフィール

T26

記事検索
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク